長崎合同会社設立センター

長崎で法人設立専門のかわはら行政書士事務所が提供するサービスです.

必要書類

定款

 合同会社の定款は株式会社と違って「定款認証」する必要がありませんので、直接登記をする法務局に提出する形となります。
 以下に法務局により公開されている定款の最低限の雛形ですので参考にしてくだい。


○○商店合同会社定款


  第1章 総 則
(商号)
第1条 当会社は,○○商店合同会社と称する。

(目的)
第2条 当会社は,次の事業を営むことを目的とする。
1 ○○の製造販売
2 ○○の売買
3 前各号に附帯する一切の事業

(本店の所在地)
第3条 当会社は,本店を○県○市に置く。

(公告の方法)
第4条 当会社の公告は,官報に掲載してする。
 (社員の氏名,住所,出資及び責任)

第5条 社員の氏名及び住所,出資の価額並びに責任は次のとおりである。
  1.金300万円 ○県○市○町○番○号 有限責任社員法務商事株式会社
  2.金200万円 ○県○市○町○番○号 有限責任社員法務一郎

(業務執行社員)
第6条 社員法務商事株式会社及び法務一郎は,業務執行社員とし,当会社の業務を執行するものとする。

 (代表社員)
第7条 代表社員は業務執行社員の互選をもって,これを定める。

(営業年度)
第8条 当会社の営業年度は,毎年4月1日から翌年3月31日までとする。

 以上,○○商店合同会社の設立のため,この定款を作成し,社員が次に記名押印する。
平成○年○月○日
          有限責任社員  法務商事株式会社
                  代表取締役 法務花子 印


登記書類

定款

代表社員,本店所在地及び資本金を決定したことを証する書面

代表社員の就任承諾書

払込みがあったことを証する書面

資本金の額の計上に関する代表社員の証明書

委任状

印鑑届

印鑑証明書


※これらはあくまで参考例として掲載しています。また、これらに限ったものではありません。その他ご不明な点及びもっと詳しく知りたい方は、かわはら行政書士事務所にお問い合わせください。

↑このページのはじめに戻る