ようこそ 王子山社会保険労務士事務所へ

当事務所は、長崎市坂本で開業している社会保険労務士事務所です。

常に公正中立の立場に立ち、企業組織を「一つのチーム」として捉え、いかにしてチームに貢献するかを念頭に業務をすすめて参ります。労使の架け橋となれるよう、事業主の方のみならず、労働者の方、労働組合からもご相談、ご依頼を承っております。

ご相談頂いた際には、目先の利益だけにとらわれることなく、想定されるリスクをご説明し、ご納得頂いただいたうえでご依頼をお引き受けいたします。

どうぞお気軽にご相談下さい。(ご相談のみの場合は無料です。)

社会保険労務士という仕事を通じ、個人、組織のみならず地域の発展にも寄与したいと考えていますので、どうぞよろしくお願いします。

社会保険労務士とは...

「労働・社会保険諸法令手続」及び「労務管理」に関する国家資格者です。

いわゆる事業経営の3要素である、「ヒト」「カネ」「モノ」のうち、「ヒト」に関するスペシャリスです。

就業規則の立案や改正、労災保険、雇用保険、健康保険、年金等の労働・社会保険諸法令について諸手続や年度更新手続、労務管理のご相談など承っております。

また、労働者の方、個人の方からは、健康保険、年金、労災補償に基づく給付請求を承っております。

「特定」社会保険労務士とは...

個別労働関係紛争解決手続において、紛争当事者の代理を行うことができる社会保険労務士です。

個別労働紛争とは、労働者と使用者の間で発生した紛争をいい、「解雇」「雇止め」「パワハラ」「セクハラ」などがあげられます。これら個別労働紛争の解決には、裁判によることなく簡便に解決する手続きが用意されています。代表的なものに、都道府県労働局長が行うあっせん制度があります。

「特定」社会保険労務士は、裁判外で行う紛争解決手続きにおいて、労働者又は使用者の代理を行います。紛争当事者は、労働法に関する知識がなくても、特定社会保険労務士に依頼することで、泣き寝入りすることなく円満に解決できる場合があります。

紛争解決手続において当事者を代理させて頂く際は、中立的な立場をとらず、ご依頼者の立場に立ち、その権利実現に向けて最大限尽力をいたします。社会保険労務士としての立ち位置がその他の業務とは異なりますので、倫理上の観点等からご依頼をお断りさせて頂くことがございます。 あらかじめご了承下さい。

個別紛争解決に関するご依頼をお断りさせて頂くケースについては、こちらをご覧ください。
個別紛争解決手続については、こちらをご覧ください。

来 歴